人にはそれぞれ色々なアレルギーというものがあります。

例えば食べ物、花粉、ハウスダスト、金属などなど他にも、あまり知られていないアレルギーを引き起こすものというのは多く存在します。

その中でも今回注目するのが蚊アレルギー。

蚊というとなるになれば皆一度や二度は刺されてしまうものですよね。

今回は、こんな症状があったら要注意という蚊アレルギーの特徴などを見ていきます。

スポンサードリンク




蚊アレルギーってどんなもの?

まず蚊アレルギーとはどのようなものかというと、蚊はヒトの血を吸う際に痛みを感じさせないよう唾液を麻酔代わりに送り込みます。

その唾液に対しアレルギーを引き起こすことを蚊アレルギーというのです。

正しくは「蚊刺過敏症」と言って、アレルギーの症状が出る人はごく稀だといわれています。

というのもアレルギーの原因はヘルペス属のウイルス、EBウイルスの感染が原因とされており、日本人に9割ほどは成人までに感染しているものです。

ほとんどの人が抗体を持っています。

しかも発症の多くが乳児期。

症状も特にないことが多くあまり心配のいるものではありません。

ただごく一部の人の場合、EBウイルスが免疫を司っているT細胞に持続感染してしまうということでアレルギー反応が起きるわけです。

スポンサードリンク





アレルギー症状は?

蚊アレルギー画像
出典:のほほ~ん女の心

まず赤く熱を持ち、腫れあがる場合が多く、なかには蕁麻疹を引き起こす場合もあります。

またさらにひどいと水ぶくれ潰瘍になることもあります。

そして発熱リンパが腫れるなど全身症状が見られる場合には一度病院を受診をした方が良いでしょう

ちなみに刺されてから15分以内とすぐに症状が出る即時型、また刺された1、2日後に遅れて出てくる遅延型とあり、赤ちゃんは多くが遅延型、青年期から壮年期は即時型というのが多いようです。

また歳をとり老年期に入ると今度は反応が出ないことが多いとも言われています。

スポンサードリンク





蚊アレルギーの治療法は?

ではもし蚊アレルギーを発症させた場合どのような治療を行うのでしょう。

もともと蚊アレルギーは滅多にかかることのないものです。

ですから例えば高熱が蚊に刺されて以降3週間以上続くなどの決定的な症状がない限りただの虫刺されと診断されます。

ただ本当に症状が重く蚊アレルギーだろうと判断されれば骨髄や末梢血幹細胞の移植という選択肢もあります。

唯一の治癒が見込める治療法です。

ただ成功率が低い上治療であるというのも覚えておかなければなりません。

それを考えるとやはり根本的に蚊に刺されないような対策というのがとても重要だとわかりますよね。

ちなみに蚊に刺されることで起きるリスクはアレルギーだけではありません。

日本脳炎、デング熱、マラリア、黄熱などなど様々です。

蚊は私たちにとってかなり身近な生き物。

ですがこのように危険な面もあるということをしっかり覚えておき、たかが蚊だと思わないようにしましょう。

刺されたところがいつもと違うなと感じたら必ず病院に行くようにしてください。