昼間はあまり気にしなくても夜になると気になるのが蚊。

蚊は刺されると痒くて辛いですが刺されなくても耳元で飛んでくるために、あの独特の羽音、、かなりやっかいなものです。

どうして蚊が飛ぶとあんなにうるさく感じるのでしょう。

そこで今回は蚊の羽音がうるさく感じる原因と対策について見ていきます。

スポンサードリンク




蚊ってなんであんなにうるさいの?

他の虫にはないあの不快な羽音、、

原因は周波数だと言われています。

蚊の羽音の周波数は350ヘルツから600ヘルツ

人間が耳で聞きとることが出来るのは20から20000ヘルツ。

つまり蚊の羽音は人間が聞き取れる周波数の領域に入っているのです。

そのためにやたらと耳についてしまう訳です。

しかも蚊は体温の高いところに集まる習性が。

耳は身体の中でも体温が高い場所なために蚊がよく近づいてきます。

また蚊は血を吸う場所を探すのに呼吸から排出される二酸化炭素を目印にします。

そのため顔の近くに来られることも羽音がよりうるさく感じる原因のひとつといえます。

スポンサードリンク





羽音がうるさい!そんなときは、、

蚊の羽音がし始めると気になって眠れない人も多いですよね。

中には不眠症の様になかなか寝付けない日々が続き、疲れが取れなくて困っている人もいるのでは?

しかし蚊を見つけようと電気をつけるとどこかに隠れてしまうのでなかなか見つからず、いざ寝ようと思うとまた耳音で羽音が、、なんていうのは良くある話。

そんな場合にはどうすれば良いのでしょうか。

蚊のいなくなるスプレー蚊取り線香などはよく使われている物でしょうが、他には対処法があるのでしょう。

まずハッカ油は蚊の対策に効果があるとして有名です。

使い方は無水エタノールにハッカ油をまぜ水を加えてからスプレーを作っておきます。

あとは就寝前に布団などに振りかけておくだけです。

もしくはもお勧めで、蚊が好まないのでグラスなどにいれ枕元に置いておくと蚊が寄り付かないと言われています。

他には蚊は飛行能力が低いため扇風機で蚊が上手く飛べないようにするのも効果的です。

もしくは蚊をどうしても、仕留めたい!と言う人に試してほしいのがテレビを付ける事。

テレビは電源を入れると熱を持つので蚊がおびき寄せられる場合があるのです。

テレビの画面は勿論、テレビの裏に来ていることも多いのでチェックしてみてください。

もしくは水周りにも集まりやすいのでトイレや風呂場の壁も見ておく必要があるでしょう。

ちなみに見つけても手で叩こうとすると逃げられる確率が高いので、出来れば掃除機や虫取り網を使うことをおすすめします。

スポンサードリンク





こんな人は特に要注意

なぜか蚊がいつも自分の周りにだけ寄ってくる、、、そう悩んでいる人も案外多いはずです。

実際、蚊に刺されやすい人の特徴というのが言われています。

まずは赤ちゃん妊娠中の女性など。

体温が高いので蚊が集まりやすいです。

他には血液型がO型の人の蚊を寄せ付けやすいと言われています。

また飲酒をした人も蚊に刺されやすいです。

これらに当てはまる人は特に普段から蚊対策をしっかりしておく必要があると言えるでしょう。