夏場になると、やっかいにも必ず出てくる蚊。

刺されると痒いので虫よけスプレーや蚊取り線香などで対策している人も多いはず。

しかし蚊の対策は私たち自身だけでなく愛犬にも必要だって知っていましたか?

今回は犬が蚊に刺された場合と対策について見ていきます。

スポンサードリンク




犬が蚊にさされるとどうなるの?

蚊

犬が蚊に刺される事で最も気を付けたいのが、犬フィラリア症という病気です。

この病気、蚊を介し寄生虫が寄生する病気のことで、猫も同じようにかかると言われています。

フィラリアを媒介する蚊は、ヤブカやアカイエカ、チカイエカなどといわれ日本でもごく一般的に見られる蚊の種類です。

刺されるとすぐに体調に変化がある訳でなく数か月かけて心臓や肺動脈に移動し、最終的には全長15センチ以上のそうめんのように変わっていきます。

寄生するとどのような事が起きるかと言うと、元気がなくなり散歩を嫌がったりする程度のものから、咳、血尿など様々です。

最初の数年は症状も軽いことがあり、気づいたときには長い間寄生され病気がかなり進行していたということも珍しくないようです。

実際5、6年も犬の心臓内で生きることも出来ると言われています。

たかが蚊に刺されたくらいと思うかもしれませんが、この犬フィラリア症はひどいと死に至る恐れもある怖いもの。

しっかり予防をするというのが、なにより大切なのです。

スポンサードリンク





どのような予防法があるの?

基本的な予防法は、薬の投与になります。

ただこれは予防するための薬ではありません。

寄生し体内で成長した段階で投薬することで幼虫を駆除できるという物です。

そして断続的に投与するというのがかなり大切なポイントとなります。

一般的にはだいたい5月から12月くらいまで投与期間が必要だとされています。

薬にはいくつか種類があり、餌型のもの、錠剤、スポットといって首筋に垂らすものなど様々です。

薬の種類によっても値段はかなり異なる様です。

ちなみに薬で副作用が起きる可能性はかなり低いとされていますが、時々下痢や嘔吐などが見られる場合もあるので投与後は出来るだけ一緒にいて様子を見ておいてあげるようにしたいですね。

他には日常生活で気を付ける事として家の周辺やベランダなどに水たまりをつくらないということ。

蚊は水があるところで発生するためです。

また殺虫剤なども利用ししっかり蚊の駆除をしておく必要があるでしょう。

スポンサードリンク





もしもかかってしまったら

では万が一かかってしまった場合にどのような治療法があるのでしょうか。

いくつか種類がありますが、まずは予防にも使われる駆除のための薬を投与します。

この場合薬を投与して一か月前後は安静にしておかなければなりません。

というのも遺骸が肺動脈につまる恐れもあるからです。

ほかには急性フィラリア症で、命の危険などがある場合には外科手術が行われフィラリア虫をつかみ取るという処置が必要な場合もあるようです。