少し暖かくなりだした4月が終わるとGW頃に急に暑くなります。

するとプ~ンと聞こえてきたりしませんか?!

ついにこの時期がやってきました。

そうです「蚊」です!!

スポンサードリンク




蚊が活動するのはいつ頃?

蚊と言えば夏のイメージですが・・・

夏になると蚊が出てきて様々な対策を取りますが蚊の出没は本当に夏だけでしょうか?

5月のGWあたりになると蚊が出始めて「季節外れだな」なんて思った方もいるのではないでしょうか?

実は蚊の活動期間は4月~11月でとても長い期間活動しています。

日本で言うと春から秋まで活動していることになります。

驚いた方もいるとは思いますが蚊の活動は年中を通して活動しているのです。

スポンサードリンク





蚊が活動するには気温が関係してる?!

活動は何℃から?

蚊の活動が最も活発になる気温は22℃~31℃とされています。

そしてたくさん血を吸う気温も同じく22℃~31℃とされています。

蚊は寒くなるといなくなるということは誰もがご存知だと思いますが反対に暑すぎても蚊は活動しなくなります。

暑すぎる気温とは一体何度なのでしょうか?

それは35℃です。

猛暑になると蚊は活動しなくなり陰に隠れることが多くなります。

カーテンなどに止まっていることが多く見られます。

寒い冬でも部屋の中が暖かいと蚊は活動できるので季節外れでも見ることは十分あり得ます。

気温が低い秋や冬はどこにいる?!

とにかく蚊はどこかに行ったではありません

冬になると気温も低くなり蚊はどこかに行ったと思って油断していませんか?

結果から言うとそうではありません!

冬でも暖かい部屋などに入ることができれば蚊は活動することができます。

なぜなら日本にいるイエカ属は成虫のまま冬を越すからです。

日本にはもう一つヤブカ属がいます。

このヤブカ属は卵のまま冬を越します。

屋内にいる蚊は押し入れやクローゼットに入り込み冬を越すことになります。

屋外の場合は洞穴などを見つけます。

このイエカ属とヤブカ属は日本にいる血を吸う蚊として確認されています。

スポンサードリンク





蚊の種類がスゴい?!

何種類いるか知っていますか?

日本の蚊の種類は約100種類ほどいます。

そのうち血を吸う蚊は30種類ほどと言われています。

そして地球には一体どのくらいの蚊が存在するのでしょうか?

地球に存在する蚊は約2500種類ほど確認されています。

蚊に血を吸われると痒くなりますが、血を吸うのはメスだけでオスは水や花の蜜をエサに生きています。

メスだけが血を吸うのは産卵に血液が必要だからだそうです。

そして体重の約3倍もの血を吸うことができるようです。

私たちの身近な蚊たち・・・

  • ヒトスジシマカ(ヤブ蚊と呼ばれる蚊でシマシマな模様の蚊です。)
  • アカイエカ(体長約5.5mmほどで足が長いことが特徴の蚊です。)
  • チカイケカ(アカイエカと似ていて1年中活動しています。)

日本にはマラリアや黄熱病などの可能性がある蚊がいる心配はありませんが南米やアフリカなどでは日常茶飯事にいます

海外渡航時には十分気を付けてください。

日本いる蚊の中でも刺されると痒い蚊はヤブ蚊と言われているそうです。

蚊が血を吸い終わるまでには約2分30秒だそうです。

約2分30秒の間にできるだけ早く叩いて退治しましょう!

まとめ

蚊は夏だけ活動しその他は活動しないと思っていた方も多いと思います。

実際はそうではなく年の半分以上は活動し寒い冬でも条件さえ合えば活動できることも分かりました。

寒い時期なのに稀に何かに咬まれたけど何か分からない。

そのような症状の時は押し入れに潜んでいた蚊が暖かい部屋で生き延びていたのかもしれません。

また血を吸われることからメスだと言えます。

最近では吊るすタイプの蚊よけの効き目が長いので夏が終わっても窓際に吊るしたままにしておくと家の中にいる蚊の対策にもいいかもしれません。