蚊は夏になると必ず現れる厄介な虫ですが、刺されると痒くてひどいと寝られないこともありますよね。

しかも小さな子供だと掻きむしってしまったりと二次トラブルも、、

そもそもどうして蚊に刺されると、痒くなってしまうのでしょう。

今回は蚊に刺されると痒みが出てしまう理由と、対策をまとめます。

スポンサードリンク




蚊に刺されるとどうして痒いの?

蚊に刺されるとその部分が腫れてしばらくすると痒くなってきますよね。

他の虫に刺されてもそんなことはないのにどうして蚊に刺されたときだけこのようなこと起きるのでしょう。

理由は唾液

蚊はヒトを刺す時まず 唾液を注入します。

それはヒトが刺されたときの痛みを感じないようにするためで、そのために私たちは蚊に刺されても気付かないことが多いのです。

また血が固まらないので吸いやすいという効果もあるようです。

そしてこの唾液にアレルギー反応を起こすことで痒みがあらわれるのです。

ちなみに唾液は皮膚に着地をして15秒ほどで注入し終わります。

ですから、もしも血を吸われる前に運良くしとめてしまったとしても、痒みは感じてしまうわけです。

ちなみに痒みは人によって出てくるタイミングが異なり、刺されてすぐに痒くなる人や、翌日に痒くなる人など様々です。

どうして個人差があるかというと、刺された経験の差で、赤ちゃんのように刺された経験のない人は痒みを起こさない一方、大人で何度も蚊に刺されてているような場合、すぐに痒みが出るようになります。

そしてさらに刺されると、痒みすら感じなくなるともいいます。

ちなみに遅れて痒みがでている場合はまだ蚊の唾液を、身体が異物と捉えるのに時間がかかっている状態です。

スポンサードリンク





かゆみを止める薬は?

 

蚊に刺されたときの痒みを止めるための薬は色々とうられています。

たとえば、クリームタイプやスティックタイプ、貼るタイプなどあります。

また特徴もさまざまでスーっとするようなつけ心地のものから、ムカデやクラゲなどに刺された場合にも使用できるものまであります。

自分の用途にあったものを選ぶようにしましょう。

もしも市販のものがきかなかったり、痒みが長引くようであれば病院に行ったほうが良いでしょう。

ちなみに、赤ちゃんにもつかえるかゆみ止めの薬もいくつかあるので、夏場、特にアウトドアなどでは念のためひとつ準備しておきたいですね。

スポンサードリンク





薬以外に痒みに効く対策法は

まず刺されてすぐに冷やすというのはオススメで、かゆみの原因である炎症を、抑えます。

さらには痒みよりも冷たさのほうがヒトの身体は感じやすいので、痒さをごまかすことが出来ます。

また、塩で揉む、セロハンテープをはる、温めるなど蚊に刺された場合によいとされる対策法はいくつもあります。

どれが自分には効果があるのか色々と試してみると良いでしょう。

ちなみに蚊は最後まで吸血すれば最初に注入した唾液も最終的に吸っていくとも言われています。

蚊に吸われているのを見ると、つい叩きたくなりますが、むしろ最後まで吸わせるほうが良いと言うことになりますね。