夏になると必ずと言って遭遇してしまう蚊。

刺されると痒くて厄介なものですが、同じ場所にいても刺される人、刺されない人っていますよね。

刺されやすい人だとそれこそ何箇所も、、

どうして自分ばかり蚊の標的になるのか疑問に思っている人も多いのでは?

もしかするとそれ、血液型が関係しているのかもしれません!

今回は蚊に刺されやすい血液型についてまとめます。

スポンサードリンク




蚊に刺されやすいのは何型?

蚊に刺されやすいかどうかは個人差が大きいので一概には言えませんが、蚊と血液型の関係性は様々な実験でも確かめられています。

なかでも1番刺されやすいとされるのがO型で次にB型、AB型、A型と続きます。

なぜO型が刺されやすいのかというと蚊が好む花の蜜と似た分子構造をしているからで、匂いは汗の中に含まれる血液物質で見分けているようです。

ただこの血液物質が汗に含まれない人もいてそのような場合、O型でも刺されにくいことがあります。

ですから、血液型だけでは蚊に刺されやすいかどうかは分からないとも言われます。

スポンサードリンク





こんな人は刺されやすい

血液型以外にも刺されやすい人の特徴というのはあります。

まずは体温が高いこと。

ですから、赤ちゃんや妊婦さん、またアルコールを飲んでいる人は蚊に刺されやすいです。

次に汗かきの人。

というのも蚊が吸血の目標を定める際に汗を頼りにすることがあります。

アウトドアなどの際にはこまめに汗を拭くことが大切ですね。

ちなみに太っている人も刺されやすいと言われますが、それも汗が原因です。

太っている人って汗かきさんが多いですよね。

また肉を好んで食べている人も蚊に刺されやすいと言われます。

というにも肉を食べると血液が酸性に偏るとされており、それが蚊の好みに合うからだそうです。

さらには着ているものでも蚊が集まりやすいかどうかはかなり変わってきます。

特に黒い服を普段好んでいる人は要注意で、蚊の被害に遭う確率は高くなってしまいます。

逆に白っぽい服を着ていると、少しは蚊に狙われにくくなると言われていますよ。

スポンサードリンク





こんな人は刺されにくい

蚊に刺されやすい人の特徴がわかったところで今度は刺されにくい人の特徴というのも一緒に見ていきましょう。

まずストレスを感じている人の血は蚊は好まないと言います。

それはストレスを感じることで分泌される物質が血液の中に現れるから。

それを蚊が嫌うからだそうです。

逆を言うとストレスのない健康な人は蚊に刺されやすいと言うことですね。

また刺されにくい人の特徴として、色白の人お酒を飲まない人痩せている人などが挙げられます。

ほとんどが蚊に刺されやすい人の特徴とまったく真逆の性質を持った人であることがわかりますね。

自分はどうなのか一度確認して、もしも刺されやすい人の特徴に多く当てはまる場合は夏場は特に対策を強化していきましょうね。

ちなみにこれらの特徴に関係なく遺伝的に産まれながら刺されやすい人もいます。

あくまで、刺されやすい、もしくは刺されにくい傾向があると言う程度に受け止めておいてください。