蚊は多くのひとが悩まされるもので、誰でも一度は刺された経験があるでしょう。

そのためドラッグストアやスーパー、ホームセンターなどありとあらゆる場所で蚊の対策グッヅが色々と売られていますよね。

今回は中でも効果が見込める業務用の消毒などについてみていきます。

スポンサードリンク




業務用の蚊の駆除に役立つ薬って?

まず蚊の駆除に使用されているのがスミスリンです。

スミスリンは蚊以外にも、ゴキブリやダニ、ノミなどの駆除にも効果を発揮します。

即効性があり致死効力も抜群で知られ、低毒性のために食品工場や病院、船舶などでも良く使用されているようです。

次にべルミトールです。

べルミトールはエトフェンプロックスという殺虫成分を使用した殺虫剤で水で薄めて使用します。

蚊の成虫に効果的で、他にもトコジラミやゴキブリ、家ダニなどに使用できます。

安全性の高い成分が使用されているので室内でも使用でき、引火性の心配もないのが特徴です。

二週間に一回ほど散布しておくと、効果の持続が期待できます。

次にエクスミンです。

こちらも即効性があるのでおすすめで蚊やゴキブリなどはもちろん、ほかにもクモの巣などの除去にも使用されているようです。

安全性も高いので安心です。

これらは全て業務用ですが、ネットやホームセンターなどで手に入れることが出来ます。

薬剤のみで売られていることもあれば、噴霧器も一緒にセットになって売られていることもあります。

墳霧器を使用したことがない人も多いと思うのでまずは使用方法をしっかり読むようにしましょう。

スポンサードリンク





業務用殺虫剤を使用するにあたって

業務用の物でも、庭やベランダなどで使用は可能ですが、いくつか注意点があります。

まずはラベルをよく読んだうえで使用する事。

例えば使用できない場所などが記載されている事もあります。

誤った場所に使用すると取り返しのつかないことにもなりかねませんから、十分気をつけてください。

例えば人には安全性が高くても魚に対し毒性が高いものもあります。

その場合河川や池、用水路では使用してはいけないことになっています。

次に子供の手の届くところには置いておかない事。

誤って口に入れたり、目に入る恐れがあります。

また業務用のものは大きな容器に入れられて売られている事がほとんどで、小分けにして使用する場合も多いのですが、食品用の容器などに入れてしまうと大変です。

見た目のややこしいものには入れないようにしましょう。

専用の容器をつくりしっかり名前を書いておき誤用をしないよう工夫をしましょうね。

スポンサードリンク





肌が弱い人も気を付けましょう

もともと肌が弱いと言う人は、業務用の薬や消毒液でアレルギー症状、もしくはかぶれなどを引き起こす可能性があります。

おかしいと感じたらすぐに使用を止めましょう。

必ずマスクやゴーグルなどの保護具を着用し、使用後は石鹸と水で念入りに手や指の間までしっかり洗うようにすることが大切です。

さらには念のため薬剤を浴びないよう、使用するときは露出の少ない恰好でいる必要もあるでしょう。