蚊って刺されると痒いので出来るだけ近づけたくないですよね。

室内の蚊対策として蚊取り線香やワンプッシュスプレーなどがあります。

最近の蚊取りグッズはなかなか優秀ですから、ぐっと蚊に刺されるリスクも減らせます。

しかし室外はどうでしょう。

例えばガーデニングのとき、庭先でバーベキューをするとき、色々と対策をしても結局刺されてしまうことが多いですよね。

今回はそんな悩みを解決する最新の蚊取りレーザーについて紹介します。

スポンサードリンク




蚊をレーザーで撃つ最新の装置とは

蚊取り線香などは蚊対策によく用いられるアイテムのひとつですが、難点は広範囲には効果は発揮しないということ。

しかもある程度効果はあっても、完全に虫を遮断することはできません。

そんな時に、心強い装置がいま注目を浴びています。

名前はphotonic fenceといって仮想の壁をつくり、それを越えようとする蚊をレーザーで撃つ仕組みになっています。

例えば病院の施設そのままや、一軒家そのまままるごとこの壁で囲うことで蚊に刺されるのではという心配を一切する必要がなくなるわけです。

そんなこと本当に可能なの?と疑問に思うかもしれませんが、このレーザーかなり巧妙なつくりになっていて瞬殺で蚊をとらえてくれます。

全て焼き殺してしまうというわけではなく弱い羽をねらって蚊を落とすのです。

さらに驚きなのが様々な虫の種類や、また蚊のオスメスすらも見分ける能力があるということ。

蚊はメスのみ吸血を行うためにメスだけを標的にすることも可能なのです。

ちなみに、この最新の装置、エネルギー消費量は案外少ないようです。

スポンサードリンク





近い未来、わたしたちの身近にも?

蚊はマラリアを始めとする病気を媒介することでも知られていますよね。

そのため世界的にもこの装置というのは注目されており、衛生的な環境が確保できない国では特に、例えば病院などに張り巡らせることで少しでも被害を防ぐことが出来るのではないかと期待されています。

学校などにもあると安心して子どもたちが過ごせるでしょう。

そして近い未来、わたしたちの家庭にもやってくるだろうとされています。

この装置があるとどうでしょう?

バーベキューなどのときに一切蚊に刺される心配をせずにすみます。

なぜならわたしたちが賑やかにやっている周りではレーザーによって次々と蚊が撃ち落とされているからです。

しかも周りに張り巡らせる仕組みなので人には影響が少ないのが有り難いところです。

また農作物をこの仮想の壁で覆うと害虫対策にまでなります。

蚊以外にも効果があるということで使い方は無限大というわけです。

スポンサードリンク





価格は?

まだ家庭用に販売が実現されていないので、価格もはっきりとはわかっていません。

ただ、ここまで画期的なものですから、ある程度の値段は覚悟しておかなければならないでしょう。

なんにせよ、まずは人が集まる場所に設置が進んでからの話。

わたしたちの手元に届くのはしばらく先です。

しかし近い未来に蚊に悩まされずに夏を過ごせる日がやってくる、、

そう考えるだけで夢のようですね。