夏になると必ずと言っていいほど見かけるのが蚊ですよね。

刺されると痒いうえに、夜になると耳元を飛んでなかなか寝付けないなんていうことも、、

そんな時、電気を付けてみても見当たらなかったり、、

本当に厄介なものです。

今回はなぜ蚊は耳元を飛ぶのか、また蚊が原因で眠れない時の対策法についてみていきます。

スポンサードリンク




どうして蚊は耳元にくるの?

蚊

昼間はそうでもないのに、寝ようとすると耳もとでプーンとあの独特の蚊の羽音が、、

どうしてよりにもよって耳元に?と思うかもしれませんが実は耳の真横を飛んでいるようでそうでもないことが多いと言います。

というのも蚊は人の発する熱や二酸化炭素を目印に血を吸うためのターゲットを捜します。

二酸化炭素を吐く口というのは蚊にとって大切な目印なわけです。

つまり耳元ではなくどちらかというと口の付近に蚊がやってきている場合も多いのです。

ただ蚊の羽音は高周波音

就寝時のシーンとした空間ではかなり耳につきまるで耳の真横にいるように感じるという訳です。

もちろん本当に耳の横にきていることもあります。

耳は熱を持っている場所なので蚊が集まりやすい場所でもあるからです。

蚊のあの独特の羽音は、睡眠を邪魔するだけでなく、刺されれば余計に眠れなくなってしまいます。

そこで就寝時の蚊の対策はどうすれば良いのでしょう。

スポンサードリンク





就寝時におすすめの蚊対策

まずはやはり蚊取り線香がおすすめです。

ただ火事の心配があるので寝る前に使用し、ねる時には使用しない方が良いです。

次に蚊帳です。

蚊以外の虫にも有効で、完全にシャットダウンできるので子供がいる家などでは人気です。

他には扇風機を利用すると言うのもひとつの手です。

というのも蚊は飛行能力が低く風がある場所ではうまく飛べません。

そのため扇風機をかけていれば虫が近寄れない訳です。

夏場は涼しさも増しますし一石二鳥ですね。

他には酢をベッドのそばに置いておくと言うのも蚊対策になるといいます。

理由は蚊が酢を嫌うからです。

さらには黒や紺、青や赤などの色は蚊を寄せ付けるので、念のため淡い色の服を着ると言うのもまた念のため心がけたいです。

スポンサードリンク





夜に耳元で羽音を聞いたら試したい蚊の退治方法

色々と蚊の対策をしていても、蚊が夜になるとやってくることもありますよね。

あの羽音が耳元で一度でもすると気になって寝付けないので出来れば退治してゆっくり眠りたいものですよね。

そこでまず電気を付けて確認してほしいのが、天井やカーテンの裏に蚊が隠れていないか

見つけた場合はキンチョールなどのスプレーをふるか、掃除機で吸い取ってみてください。

パチンと手で叩くと逃げられてしまう可能性も高いので、この方がおすすめです。

もしくは虫取り網を使用しても良いでしょう。

もしも見当たらない場合には、次にテレビを付けてみてください。

蚊は温かいものに近づく習性があります。

テレビはつけると案外温かいので蚊をおびき寄せられる場合も多いです。

それでも見つからない場合は水周りも調べてみてください。

トイレやお風呂場などの壁にいることがあります。