蚊に刺されると痒いですよね。

ついつい掻きむしったりしてしまうこともしばしば、、、

アウトドアなどの際には特に虫除け対策は欠かせません。

ただどんなに対策をしていても、刺されるときは刺されてしまうもの。

そんなときどうにか痒みを一時的にも抑えたいものです。

今回はそんな時に熱湯消毒が痒みに効果があるのかについてみていきます。

スポンサードリンク




蚊に刺された時に熱湯消毒って効果あり?

蚊に刺されたときの対処法はいくつもあります。

例えばかゆみ止めの薬を使うことも多いでしょうし、塩を塗ったり、セロハンテープを貼ったり。

また爪で患部にバツ印になるように跡を付けると良いなんて言う話も聞いたことあるかもしれません。

人によって効き目があった!と感じる場合とそうでない場合があり、一概にも効果についてはいえないものですよね。

今回はその中でも効果があるとされる熱湯をつかうやり方を紹介します。

熱湯だとすぐに用意できるので簡単そうですよね。

方法は簡単で熱湯をかけるなり、もしくは熱湯をはった桶に患部をつけても良いでしょう。

ただ、熱湯といってももちろん沸騰したお湯を使うのは危険です。

火傷してしまいますからだいたい50度くらいのお湯と思っておいてください。

患部をつけておくなら15秒程度

一時的ではあるものの、血流が抑えられるので痒みがとまります。

ちなみに熱湯を使ったこの方法、痒みの原因であるヒスタミンを分解するのに役立つのではと思っている人も多いですが、実際ヒスタミンは熱に大変つよく、融点は83度から84度くらい。

50度くらいのお湯では到底分解はできません。

つまり根本的な痒みの原因を取り除く方法とまではいかず、ただの痒みを紛らわせる対処法のひとつだということです。

試してみるときは50度以上だと火傷の心配があり、50度以下では逆に血流がよくなることもあり逆効果になることもあるために、温度設定というのはかなり大切なので注意しましょうね。

小さな子供や赤ちゃんにはこの方法は危険ですから絶対に行わないでください。

スポンサードリンク





熱湯の他に温める方法って?

熱湯は勇気がいる、、という場合、温めるだけでも良いでしょう。

例えばレンジで温めたタオルを患部に当てても良いですし、温めたスプーンを当てるのも効果があります。

ただ、タオルやスプーンを使った場合にも、火傷には気をつけましょうね。

ちなみに温める方法は刺された直後にとくに効果があるとされ、刺されてしばらくしてからは逆に冷やすと良いとも言われています。

というのも人は痒みより冷たさを優先して感じるので、痒みが紛らわせるのです。

温めるやり方と同じように一時的で、根本的な解決にはなりませんが、少しの間だけでも痒みを止めたい!というときに覚えておくと便利ですね。

スポンサードリンク





熱湯が蚊の駆除にも役立つ?

熱湯は害虫駆除にはよく用いられている方法です。

例えばムカデハエゴキブリなども熱湯で簡単に駆除ができると言われています。

そして蚊も同じく熱湯によって駆除が可能です。

蚊の幼虫であるボウフラがいるとされる場所に熱湯をかけるだけなので薬品などを使用するよりも安心ですよね。

例えば家の排水溝などに活用したい方法ですね。