夏になると出てくる蚊、、

同じ部屋にいても何か所も刺されている人と、まったく刺されていない人がいることってありますよね。

どうしていつも自分は蚊に狙われてしまうのだろうと不思議に思っている人も多いかもしれません。

蚊に刺されやすい人というのにはいくつか共通の特徴があるとも言われています。

その一つが血液型。

O型の人は蚊にさされやすいとされているのです。

今回はなぜO型の人は蚊に刺されやすいのか理由を見ていきます。

スポンサードリンク




O型の人が蚊に刺されやすいって本当なの?

O型が蚊に刺されやすいというのは科学的な根拠などはあるのでしょうか?

蚊とヒトの血液型との関係についてはたくさんの研究がされています。

それらの研究でわかったのは、O型の赤血球を覆う物質と言うのが花の蜜の成分に似ている事が関係している可能性があるという事です。

蚊は血を吸う虫だというイメージが強いので花とは無関係に思えますが、実はオスはそもそも血を吸わず花の蜜を吸って生きています。

また、メスも産卵時以外はオスと同様主食は蜜です。

そのためにO型の人は蚊に刺されやすいとみられているのです。

ただもちろんすべての蚊がO型を好むわけではなく、他の血液型でも刺されることはあります。

スポンサードリンク





ほかに刺されやすい人の特徴ってあるの?

まず運動をした後の人などは刺されやすいと言われています。

というのも蚊が血を吸う対象を探す際に頼りにするのが二酸化炭素。

呼吸とともに吐き出されるものなので、活発に動いた後などは刺されやすいです。

次に赤ちゃんや妊婦さんです。

小さな赤ちゃんは平熱が高めですよね。

また妊婦さんも通常の体温より1.26℃ほど高くなっています。

体温が高い人に集まりやすい習性があるので蚊に刺されやすいという訳です。

さらに妊婦さんはホルモンバランスの変化で肌の匂いが変わるのですが、その匂いが蚊にとって甘い匂いに感じられることもより蚊に刺されやすくなる理由として挙げられています。

またお酒を飲んだ後の人も蚊が集まると言われており、その理由はアルコール分解の際の二酸化炭素放出です。

スポンサードリンク





刺されやすい人はこんなことにも気を付けて

蚊

これ以外にも遺伝的に生まれながら蚊に刺されやすい人というのはいます。

そのような人たちが出来る限り蚊に狙われないようにするにはどうすべきなのでしょう。

まず肌を清潔にしておくためにも除菌のウエットシートなどで汗を拭きとりましょう。

なぜかというと汗に含まれている成分は蚊を寄せ付けやすいと言われています。

また汗には乳酸の香りも含まれていることも、蚊に刺されやすくなる原因だといいます。

次に服装にも気を付けましょう。

例えば黒は特に蚊がひきつけられる色として知られています。

日に焼けた人がそうでない人より刺されやすいのもそれが理由です。

出来ればもともと蚊に刺されやすい人は夏場に黒を着るのは控えたいものです。

他には女性であれば化粧品の化学成分も蚊を引き寄せることがあります。

出来ればナチュラルメイクを心がけ、香水などはつけないようにした方が蚊に刺されることも減るかもしれませんよ。