夏になると、様々な蚊の対策グッヅが売られ始めますよね。

昔ながらの蚊取り線香ももちろん人気ですが、最近、蚊がいなくなるというワンプッシュスプレーも話題です。

今回はそのスプレーの効果を改めてまとめていくとともに、赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心して使用できるものなのかも見ていきましょう。

スポンサードリンク




蚊のワンプッシュスプレーって?効果は?

蚊がいなくなるワンプッシュスプレーはアース製薬や金鳥などで販売されています。

電気も電池も火もつかわず、たったワンプッシュで蚊がいなくなるという物です。

リビングやダイニング、寝室に玄関、ありとあらゆるところにフル活用したいアイテムです。

しかも驚くことに10時間以上効果が継続、また持ち運びやすい小さなスプレーながら200日前後も使用できるありがたいものです。

仕組みはワンプッシュで壁に大きな粒子が付き、蚊がその壁にとまる事で弱っていくというものです。

空間に漂うのではなく、パワフルな噴射力で壁にしっかりと付着するので薬剤効果が換気などで弱まりにくいのも大きなポイントです。

また従来のスプレーの様に直接蚊に振りかけることも出来ます。

効果はと言うと絶大で、ワンプッシュしただけで蚊が全くいなくなった、また蚊が床に落ちているのを見つけたという口コミもかなり多く見られます。

しかし一方で効果が大きい為に人体への影響も気になる声が、、

では赤ちゃんやペットなどに影響はないのでしょうか?

スポンサードリンク





赤ちゃん、ペットがいても安心して使える?

この蚊がいなくなるスプレーにはピレスロイドという成分が含まれており、この成分が蚊を死滅させる力があります。

皮膚や口に入ると蚊を麻痺させてしまうのです。

では気になる身体への影響ですが、基本的にピレスロイドは体内に入っても分解され素早く体外に排出されます。

つまり安全性は高いものなのです。

効果はあるのに安心して使えるというのもワンプッシュスプレーの魅力の一つと言えるでしょう。

勿論赤ちゃんやペットにも影響はありません。

ただそれでも気になると言う人は部屋に移動する前にプッシュをしておくというのもお勧めです。

例えば蚊はたいてい就寝時に耳元にやってきて血を吸いますよね。

ですから、寝る数時間前にスプレーを振っておくのです。

赤ちゃんの場合、風呂に入るタイミングなどでも良いでしょう。

さらに帰宅時に玄関で、トイレが終わったらトイレにも、、など人がいなくなるタイミングに使ってもよさそうです。

そうすることで殺虫成分の浴び過ぎを防ぐことが出来ますね。

スポンサードリンク





注意する事

安全性は高いですが、間違った使用法では、私たちの身体にも影響を与える事がないとはいえないので注意が必要です。

例えば締め切った部屋で大量に使うなどは控えましょう。

ちなみに殺虫成分があることから昆虫を飼っている場合は部屋の外に移動させておかないといけませんね。

また水に溶けやすく魚に対して毒性が強くなるために金魚や熱帯魚を飼っている場合も気を付けなければなりません

せっかく飼っているものが、自分のせいで死んでしまったら悲しいですよね。

注意しておきましょう。