蚊

夏になると耳元に飛んでくる蚊、、

蚊を見ると刺されては困る!とすぐに仕留めなければならない衝動にかられる人がほとんどでしょう。

しかしちょっと待ってください!

蚊が全て血を吸う訳ではないって知っていましたか?

実は私たちが刺されている蚊は全てメスなのです。

そこで今回は蚊のオスメスの見分け方などを見ていきます。

スポンサードリンク




オスは血を吸わないの?

 

蚊のメスは卵を発達させるために必要なたんぱく質を人間の血から得ています。

ヒト以外で例えば鳥類、爬虫類、魚類などの血を吸っている蚊もいます。

一方オスはというと知らない人も多いので驚くかもしれませんが、実は血を吸いません。

では何を食べて生きているのか、、というと花の蜜などを吸って生活しています。

そのため蚊といってもオスであればすぐに殺さなくても私たちに何かしてくるということはない訳です。

スポンサードリンク





オスとメス、どう見分ける?

 

ではオスとメスはどう見分ければよいのでしょうか。

触角を見ればわかります。

触角がオスはふさふさしているのに対して、メスは細いのです。

また血を吸うメスには長い口がありますが、オスは比較的短いと言うのも違いの一つです。

ちなみにオスの方がひ弱で小さいことが多いようです。

オスかメスか、、なかなか飛んでいるときには見分けはつかないでしょうか。

虫取り網などで捕まえたときにもしもオスだったときには、そっと外に逃がしてあげたいですね。

スポンサードリンク





蚊のオスだけじゃない!刺されると勘違いされている虫

蚊のオスはヒトを刺すことはないにも関わらず、メスとの見分けがつかずに殺されてしまうことも多いですが、実はそもそも蚊ではないのに、蚊と勘違いされ殺されてしまう虫もいます。

それがユスリカです。

ユスリカの見た目は確かに蚊に似ているのですが、実際は蚊の仲間、、でもなくユスリカという名前の虫です。

このユスリカ、血を吸う事がないうえに、成虫になってからは口がないので一切餌をとりません。

そのため寿命も大変短い生き物です。

蚊との見分け方は口がない事に加え、二本のヒゲがあることです。

次にガガンボも蚊によく間違われる生き物として挙げられます。

ガガンボとは別名カトンボといい、漢字で名前を書くと大蚊とかきます。。

幼虫の時には土の中で生活をし、イネの根っこを食べてしまうことから害虫扱いされているものの、蚊とは違い成虫になってからもオスもメスも血を吸う事は有りません。

見た目は蚊を大きくしたようなもので、最初見たとき巨大な蚊を見つけた!とちょっぴり驚くかもしれませんね。

よく自動販売機など光のある場所に夜中になると集まっているのを見かけます。

ガガンボに刺されたという人もいますが、この場合他の昆虫とガガンボを勘違いしている可能性があります。

例えばアメバチジカバチなどは見た目も良く似ているのでガガンボに見える事もあります。

蚊のような生き物を見つけたときはすぐに殺そうとするのではなく、このように私たちに触接害を与えないものもいるということを覚えて置き、一度よく観察してほしいものですね。