蚊に刺された時、痒いのはもちろんですが少し腫れますよね。

しかし痒みが治ってからしばらく経つとこの腫れもだんだん引いてくるのが普通です。

ただ中には腫れがなかなか引かない場合も、、

そんなとき考えられる原因がいくつかあります。

今回はその原因とまた対策を見ていきましょう。

スポンサードリンク




腫れがひかない、、アレルギー?EBウイルスのせい?

まず考えられるのが、蚊アレルギーです。

あまり聞きなれないものですよね。

しかしもともとは蚊に刺された痒みもアレルギー反応の一つなのです。

アレルギー反応ということは症状の出方も人それぞれ、より強く反応を示す場合に腫れもひどくなるわけです。

かかると水疱ができることもあるようですよ。

また「慢性活動性EBウイルス感染症」も考えられます。

もともとEBウイルスは感染場所であるBリンパ球というところに留まり免疫力の働きで発症を抑えてくれるのですが、これがBリンパ球以外に感染することで発症すると言われています。

症状は刺されたところが腫れ上がるというほか、リンパ節が腫れたり、発熱や下痢、蕁麻疹なども挙げられます。

命の危険すらある病気なのでたかが蚊に刺されてかかった病気と甘く見ていてはいけません。

必ずすぐに受診をしましょう。

スポンサードリンク





熱を持つ場合、どうしたら良いの?

まず心がけることはかかないこと。

ついつい気になってかいてしまうのですが、これが1番やってはいけないこと。

かくと傷になりますよね。

そこからばい菌が入るので炎症しさらに悪化してしまうのです。

ただ小さな子供は寝ている間に無意識に掻きむしってしまう場合も、、

貼るタイプのかゆみ止めなどで対策をしてあげましょう。

もしくはガーゼなど何かで覆うようにしてください。

ちなみに患部にかさぶたができている場合などはプールは控えましょうね。

また熱を持っているということから冷やすのも効果的です。

例えば流水で冷やすのもよし、保冷剤を使うのも良いでしょう。

ただ湿布は薬剤が炎症をひどくする可能性がありますから使用は控えた方が良いですね。

腫れが引いたらあとは触らないのが鉄則です。

もしくは抗ヒスタミン剤を塗るという手もあります。

市販のものがたくさん売られているので、試してみると良いですね。

スポンサードリンク





蚊じゃない可能性も!?

人を刺す虫ってたくさんいますよね。

私たちは夏に刺されたものは全て蚊のせいだと思いがちですが実は違う虫のせいだったりします。

例えばブヨ

山や高原などにいて刺された時に痛みを感じるのが特徴です。

腫れ上がり熱を持ち、頭痛や発熱を伴う場合もあります。

次に

刺されるとご存知の通り腫れがひどくまた痛みが激しいのが特徴です。

刺されたら鉢の毒は水溶性なので水で洗い流すと痛みなどもましになるので覚えておきましょう。

他にはダニムカデなど考えられる虫はたくさんいます。

いつもと違う、、と思ったら一度皮膚科を受診することをお勧めします。

アウトドアの際には必ず虫除け対策は徹底して行いましょう。