蚊は夏になると必ず見かけるもので、あの羽音といい刺された痒さといい、、本当に厄介なものです。

もはや今では日本の夏の風物詩にもなっている蚊ですが、出来れば刺されずに夏を過ごしたいものです。

そこで今回は蚊に刺されないようにするにはどんな方法が良いかみていきます。

スポンサードリンク




虫除けアイテムをフル活用!

まず何と言っても虫除けスプレー

するのとしないのとでは雲泥の差でしょう。

特に足元など気付きにくい場所は念入りにふるのをオススメします。

また虫除けスプレー以外にも、貼るタイプの虫除け、また腕につけるバンドなども人気です。

小さな子供でも使えるディートフリーのものも沢山あるので体温が高く狙われやすい赤ちゃんなどの蚊対策もしっかり行ってあげましょうね。

他にはやはり蚊取り線香も人気でシンプルながらにかなりの効果があります。

コスパが良いというのがありがたいポイントでしょう。

蚊帳なども昔ながらですが良いですね。

ドラッグストアなどで種類豊富に蚊取りグッズは売られています。

色々試してみてください。

スポンサードリンク





着るものにも注意して

 

また蚊に刺されないようにするには、露出を控えるのも大切。

アウトドアや、また海外で蚊が多いとされる地域では特に注意が必要でしょう。

ちなみに服を選ぶときのもポイントがあり出来れば黒や白は避けるのがベターです。

というのも蚊が寄ってきやすい色だからです。

同じ理由で日に焼けている人というのも刺されやすいと一般的には言われますね。

さらに余談ですが、実は蚊の対策グッヅで有名なあのアース製薬が防虫成分を含むスコーロンという生地を開発しました。

この生地でできた服というのが今から注目を浴びているのです。

ナノレベルで吸着しておりなかなか防虫効果は落ちないのがメリットで人間にも害がないといわれています。

通販サイトで購入することができるので興味のある人は試してみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク





こんな方法も効果的です

まずはアロマオイル

そもそもハーブって私たちにとっては良い匂いのするものというイメージですが、害虫に食べられないよう虫の嫌いな匂いというのを出しています。

ですからアロマオイルを身につけておくと蚊に刺されにくいのです。

例えばゼラニウムやユーカリ、レモングラスやペパーミントは蚊が嫌うのでオススメです。

ちなみにアロマオイルは肌が弱い人には合わないこともあるので注意しましょう。

さらに服につけると色落ちする可能性もなくはないので、こちらに関しても気をつけてください。

次に汗拭きシートも役に立ちます。

それは蚊が吸血の対象を探し出す際に汗の臭いを嗅ぎつけるためです。

こまめにハンカチやタオルで汗を拭うのも良いですが、汗拭きシートの方が効果は高いでしょう。

夏の気になる汗によるベタベタも防げるので一石二鳥ですね。

他には扇風機で風に当たるというのも一つの手です。

というのも蚊は風に強い生き物ではなく近寄れないわけです。

寝るときなどは特に便利ですから是非試してみては?