蚊

蚊といえば吸血することで知られています。

そのため私たちの天敵の一種で、夏になるとかなり警戒し様々な対策をしていることでしょう。

ただ刺すということだけでなく、刺された部分が痒くなるのでできるだけ刺されずに夏を過ごしたいものです。

そこで今回は蚊が何を食べて暮らしているのか、また刺されない対策法などをみていきます。

スポンサードリンク




蚊って血を吸って生きてるんじゃないの?

蚊はヒトの血を吸います。

ですから蚊は血を餌にしていると思っている人って多いのではないでしょうか。

しかし実はちょっと違うんです。

蚊はそもそもなぜ吸血するのかというと産卵に必要なタンパク質や必須アミノ酸を確保するため。

普段は花の蜜をすってエネルギー源となる糖分を摂取していたのです。

意外ですが蚊って案外甘いものが好きな虫の一種だったというわけです。

ちなみに産卵後の吸血意欲といえばそれはすごく、血をさまよって夢中で吸い続けます。

ヒトの邪魔が入っても御構いなし。

顎を抜いて一時的に中断し再び吸い始めます。

中にはお腹がパンパンになるまで吸ってしまう蚊もいるようですよ。

確かに蚊ってしぶとくてどんなに対策していてもさされてしまうことはありますね。

全ては子孫繁栄のためだったというわけです。

ちなみに蚊の幼虫であるボウフラはプランクトンや生物の死骸などを餌にしています

スポンサードリンク





オスは吸血しないの!?

吸血が産卵に必要な行為であるとわかったところで疑問になるのが、オスも吸血の必要はあるのかということ。

実際オスは吸血をしないとされています。

もちろん主食は花の蜜

また果汁を吸ったりもするようです。

ちなみにオスとメスの見分け方は触覚で毛がふさふさと触覚に生えていればオス、毛の量が少なければメスです。

また口の長さというのにも違いがあり、血を吸うための長い吸血針のようなものがある場合メスです。

蚊というとひとくくりにされ、ぱちんと叩かれてしまうわけですが、オスは本当は私たちに被害を及ぼすようなものではありません。

もしも虫取り網などで捕まえオスだろうと分かればそっと逃がしてあげてください。

スポンサードリンク





世界中で研究されている蚊の対策は?

蚊は世界各地に存在します。

そのため世界中で蚊をどうにかできないか、、日々研究が進められています。

蚊って私たちに何の役にもたっていない虫だと思っていませんか。

しかしよく一つの生き物が絶滅に追いやられると生態系が壊れるなんていう話よく聞きますよね。

実際蚊も絶滅することで色々と影響力がある生き物です。

ですから絶滅というよりは数を減らす取り組みがなされています。

不念雄散布というものでオスのサナギに放射線を当てて生殖能力を破壊し大量に散布するというもので、これによって産卵に成功するメスを減らそうという方法です。

画期的ですよね。

この方法はすぐに効果が実感できるものではなく、地道に進めていくしかないもの。

蚊は世界中にものすごい数が存在します。

ただもしかすると数年いや数十年後には、最近蚊が減ったな、、と実感できる日がくるかもしれませんね。