そもそも部屋に蚊がいるのはなぜ?

入らないように頑張っても入ってくる。

それが蚊です。

スポンサードリンク




部屋まで入ってくる蚊

確実に血を吸いにきます

蚊が部屋に入らないように網戸を意識しても結局部屋に侵入している時はありませんか?

蚊は体温があるところはすぐに見つけるので一瞬でも見逃さずに網戸が開いた瞬間に侵入してくるのです。

もちろん侵入してきて血を吸う蚊はメスの蚊です。

メスの蚊は血を吸う時6つの針を使います。

しかも同時に6つの針を刺してきます。

針なのにそもそも刺しても気づかないのは麻酔成分と血が固まらないようなだ液を注入するからのようです。

メスの蚊はお腹いっぱいになるまでの時間は約15秒ぐらいです。

短いようで案外長いです。

蚊がお腹いっぱいなって飛び立つまで待てば痒みも少ないようですが、止まっていれば叩くそれは誰もがそうではないでしょうか?

できれば15秒の間に素早く叩いて退治したいですね。

ベランダに出たところにはこれを置いて侵入を防ぎましょう。

アース製薬「バポナ 天然ハーブの虫よけパール」

160日用と260日用があり長持ちします。

天然ハーブを使用することで虫を寄せ付けません。

ユスリカに効果があります。

価格:386円 税込 (160日用)

スポンサードリンク





部屋に入れない対策をしましょう

自然消滅はしません

まずは色々なところをチェックしましょう。

  • 網戸が破れていないか
  • 換気扇は完全に止めずに常に回しておきましょう
  • ベランダの排水管に水が溜まっていないか
  • 家周りに蚊が発生する場所がないか見ましょう

網戸は大きく破れていると分かりやすいですが微妙な大きさな穴になっている時もあります。

穴があいていれば納得もいきますが乳幼児と一緒に洗濯物を干しに行ったりすると閉めたはずの網戸があいている!

なんてことが度々あります。

網戸は穴以外は吊るすタイプの虫よけをした方が良いでしょう。

換気扇は人がいるいないに関わらず弱で回しておくと蚊以外にもゴキブリなどの侵入も防げます。

キッチンの換気扇も同じく常に弱で回しておくと良いです。

特にキッチン周りは油がたくさんありゴキブリはそれを狙って侵入してきます。

蚊以上に嫌な虫ですね。

ベランダの排水管は少しでも水が溜まっていると蚊が繁殖していきます。

対策としては水が溜まっていないかのチェックと溜まっている場合はブラシなどでこすって水を流しましょう。

雨の後晴れや日は蚊が産卵しやすい日になっています。

そして排水管にも水が溜まっているのでブラシで水を流すようにしてみましょう。

家にどうしても蚊が侵入する!

という方は家の周りの側溝やドブをチェックする必要があります。

スポンサードリンク





ハッカ油スプレーの作り方

自分で作ることができます!

蚊に効くハッカ油スプレーの作り方をご紹介します。

用意するもの

  • ハッカ油 10ml
  • 水 100ml
  • 無水エタノール 10ml

これらを混ぜてスプレーに入れるだけで出来上がりです。

ハッカ油はネットショップでも購入でき20mlで約594円です。

このハッカ油スプレーはミントスプレーとも言われていて涼しくなる効果もあります。

使用できる幅も広く、妊婦さん、子供、皮膚の弱い方にもおすすめです。

妊婦さんや子供は使うときに色々制限があり選ぶのも一苦労してしまいます。

ハッカ油スプレーはどちらの場合も使えるので便利ですがペットへの使用はやめておきましょう

ハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かしてしまうようなのでスプレーにポリスチレンの表記がある場合は使用しないようにしましょう。

まとめ

網戸の開け閉めは気を付けていても少しの隙間から蚊は侵入してしまいます。

そんな時はこちらをおすすめします。

網戸自体に対策しておくと少しの隙間もシャットアウトしてくれます。

KINCHO 「虫コナーズ 網戸タイプ250日用」

無臭タイプなので網戸につけていても薬剤の臭いがしません。

メッシュの中に薬剤が入っていることで蚊を退治します。

強い風が吹いても落ちにくくなっています。

雨に濡れても効果は変わらないので便利です。

価格:980円 税込