こんなときでも蚊柱がある!

とにかく煩わしい蚊柱。

どんなときに蚊柱に遭遇するのでしょうか?

スポンサードリンク




蚊柱は人間にどのような影響がある?

人を刺すことはあるのでしょうか・・・

蚊柱の中にはユスリカやヌカカなど多くの蚊が集まってできています。

ユスリカの成虫は一見蚊に似ていますが人を刺すことがありません。

そのため人間に害を与えることがありません

人を刺さないことは一番いいところですが蚊柱は群集であることが煩わしく思わせるところだと思います。

この蚊柱やユスリカの幼虫が発生するのは側溝や下水、ドブといったところに作り、時季は夏の終わりの日没時に発生しやすいです。

ユスリカは灯りにも集まるので工場の異物混入の可能性もあり、また吸引してしまうとアレルギー性喘息を引き起こすこともあります。

玄関先や家の周辺にできたときは蚊柱ができないように対策をとることをおすすめします。

玄関先にはこちらをおすすめします。

ソーラー殺虫ライト

コンセントがなくソーラーで殺虫ライトができます。

重量:360g

充電時間:晴天時に8時間の充電で約6時間の使用が可能

充電池は単3型×2本

ガーデニングに刺すこともでき吊るすことも可能です。

価格:3,128円 税込

KINCHO 虫コナーズ リキッドタイプ

置くタイプの虫よけです。

100日間の持続効果があります。

匂いはアラスカンミントの香りです。

玄関内に置いておくだけで効果があります。

外に置く場合は水が入らないところに置くといいです。

価格:480円 税込

蚊柱が何度もできる場合は側溝やドブをきれいにすると効果的です。

ゼリー状のものなどは玄関付近の蚊などの侵入は防げますが蚊柱には効かないようですので必要に応じて対策することをおすすめします。

スポンサードリンク





蚊柱があって走りにくい!

どこを走ればよいのでしょうか・・・

ランニング中に蚊柱に遭遇したことはありませんか?

池の周りを走る方もきっと多いと思います。

この池の周りは大概が水が多いだけではなく木や草も多く生えています。

そのため蚊柱がたくさん発生しています。

ランニングをしていて一番困るのはよけなければいけないことです。

ランニング経験者じゃない方からするとよけたら済む話思われることでしょう。

しかしこれは走っている人からするとそうではありません。

ランニングやマラソンの場合は何週も同じところや長い距離を走ることで速度も出てきます。

速度が出てくるとよけることで余計な体力を使うことになるので支障になるということになります。

タイムを上げたい時などはインコースを走るなど自分のコースを作りますがそこに蚊柱があると本当にやる気がなくなってしまいます。

蚊柱に遭遇していた方にはこのような対策をおすすめします。

  • サングラス
  • 虫よけスプレー
  • 口を閉じて走る

サングラスはとてもおすすめですがランニング中の口の対策は少し不安材料が残ってしまいます。

やはり蚊柱をよけることが一番いいかもしれません。

蚊柱対策だけではなく刺されることも多いので虫よけスプレーやミストなどをしておくと痒みにも襲われず走ることに集中できます。

スポンサードリンク





まとめ

ランニング中に対策も面倒くさく無防備でいったことが何回もありました。

すると蚊柱に遭遇する前に蚊に刺されて痒すぎてひたすらバッテンを爪でしたり掻くことを繰り返してほとんど走らず帰ったこともありました。

無防備で行くといつも後悔していた記憶があります。

足首を刺されたときは痒いので走ることにも集中できません。

腕を刺されたときは吸われた量が多すぎてびっくりしたこともありました。

いい加減対策して行けばいいのにと思いますよね・・・

せめて虫よけスプレーは必須でポケットなどにムヒソフトを入れておくと刺されてもひとまず塗っておけば大丈夫です。