夏になると大活躍の蚊取り線香。

厄介な蚊を駆除してくれるので大変便利なものですが、火を使うものなので取り扱いには注意したいものです。

今回は特に今まで蚊取り線香を使ったことはないけれど今年の夏は、、と考えている人にぜひみてもらいたい蚊取り線香の火の消し方に付いて紹介します。

スポンサードリンク




蚊取り線香の正しい消し方って?

まず簡単な方法としては水をかけてしまうという方法がありますね。

ただ気をつけないと水のかけ方次第では蚊取り線香がその後使えないという状況になってしまう場合もあります。

スプーンやスポイドなどで火のついているところだけにかけましょう。

次に火がついているところを切るというのも一つの手です。

ニッパーなどのアイテムを使っても良いですし、壁などに擦り付けて消す方法もあります。

次に金属製のもので挟むという消し方。

例えばクリップや洗濯バサミなどでも良いでしょう。

ヘアピンでも可能なようです。

放熱効果で火を消すことができます。

またちょっと変わっているけれど知っていると便利な方法として、ボールペンのフタをかぶせるという方法もあります。

蚊取り線香の先の部分が覆われ酸素をシャットアウトできるためにうまく火を消せるようです。

またホッチキスの芯をかぶせて消す方法も案外多くの人が試しているようで、放熱と酸素が足りなくなるというダブルの効果で効率的です。

しかもこの方法、タイマーがわりにもなるといいます。

だいたい蚊取り線香が1時間で燃えるのは10センチほど。

そこから計算して自分が消したい時間の位置にホッチキスの芯を置けば良いのです。

例えば2時間後なら20センチのところですよね。

ただホッチキスの芯が熱くなっているのには注意してください。

スポンサードリンク





こんな方法では消さないで

まず案外多くの人がついついやってしまうのが、手で仰いで消すというの方法。

火に酸素を送ることになり余計に火に勢いを与えてしまうので逆効果です。

次に手でおるというのもオススメできません

火傷をする恐れがあります。

極力触らないようにしましょう。

スポンサードリンク





その他蚊取り線香に関する注意点

まず蚊取り線香アレルギーに注意が必要です。

あまりきいたことはないかもしれませんが、まれに殺虫成分のピレスロイドでアレルギーを発症させる人がいるのです。

例えば蚊取り線香を炊くと咳が出るという人は特に気をつけた方が良いです、

中でには知らず知らずに重症化し病院での治療が必要なほどになっている人もいます。

おかしいなと思ったら使用を中断し医師に相談してみては?

次に昆虫や観賞用の魚介類を飼っている場合にも注意が必要です。

というのも殺虫効果で大切なペットが死んでしまう恐れがあるからです。

水槽やゲージのある部屋では使用しないようにしましょう。

そして最後に火事に注意してください。

まず蚊取り線香の近くにティッシュなどを置かないこと。

少し離しておいていても扇風機などの風で飛んで行っては意味がありません。

もしもどうしても不安な人は煙タイプではなくリキッドタイプを使用するというのも良いですね。